敏感肌はきちんとしたスキンケアを行えば改善できる

種類によって違うケア

鏡を見る女の人

ニキビは肌に炎症を起こすことでできるものです。肌にはアクネス菌というニキビの原因となる細菌が潜んでいます。そのアクネス菌は、肌が乾燥したり汚れが綺麗に落とせていなかったりすると表れてきます。一度ニキビができてしまうと種類によってはなかなか治らないものもあります。ニキビ跡の種類は大きく分けて三種類あります。一つ目は赤みが残るタイプのニキビ跡です。ニキビ最初赤みを帯びて膨らんでくることが特徴となっています。これは肌が炎症を起こしていることからこのような症状を発症するのです。その赤みがそのまま残ってしまったものがこのタイプになります。赤みが残ったニキビ跡は比較的簡単にケアできます。ニキビに効果のある美容液や化粧水などを使用して乾燥を抑えるようにすると自然と症状は治まっていくことでしょう。

そのほかのニキビ跡には紫や茶色に色が変化するタイプのものがあります。これはメラニン色素と呼ばれる成分が肌に定着してしまってできるものです。炎症が起こったときに肌の毛細血管が壊れてしまうことからこのような色に変色するのです。このタイプのニキビ跡を治すには、洗顔をきちんとすることとスキンケアを怠らないことが肝心になります。スキンケアはビタミンc誘導体や保湿が十分にできるものを選んで使用するといいでしょう。そのほかニキビ跡の種類としては皮膚がでこぼこ状になってしまうクレーターニキビというものがあります。クレーターニキビは三種類の中でも最も危険性の高いタイプのものです。皮膚組織のほうまで壊されていることからこのようなでこぼこ状になってしまうため、自分でケアすることは非常に難しくなります。このタイプのニキビ跡ができてしまったら病院で治療を受けることをおすすめします。皮膚科が美容皮膚科などで診察してもらうとしっかりケアすることができますので、悪化する前に早めに治療を行うようにしましょう。